司法書士試験って難しそう…どんな内容?

司法書士試験を突破するには入念な受験対策が必要

司法書士試験は、国内でも特に難易度の高い資格試験の一つですが、不動産登記や少額訴訟などの分野において、将来性が見込まれることから、今後も受験生の増加が見込まれています。近年の司法書士試験の傾向に関しては、市販品のテキストや問題集などで確認をすることができますが、特に民法や刑法などの改正などの情報をいち早く取り入れることで、受験に必要な事柄をきちんとマスターすることがおすすめです。特に、司法書士試験の論述形式の問題に関しては、対策が難しいことや、例年問題の難易度にばらつきがあります。
そこで、経済的なゆとりがあれば、多くの合格者を輩出している予備校に通学をすることで、効率よく受験勉強に励むことが良いといえます。

司法書士試験の合格につながるポイントを抑えよう

司法書士試験は、合格基準点が設定されているため、必ずしも高得点で合格をする必要はありません。ただし、様々な国家試験の中でも、複雑な法解釈が必要となる分野が多く、マイナーな問題が出題されることがあるため、日ごろからまんべんなく試験範囲を学習することが大切です。
近頃は、司法書士試験が難化傾向にあることが話題となっており、法律の条文や判例をそのまま暗記するだけでは太刀打ちできないため、演習形式の問題を繰り返して解いたり、法律の専門家による見解を参考にしたりすることがポイントです。そして、司法書士試験の最後の難関である面接試験は予め出題範囲が指定されるため、対策を立てやすいものの、自分の言葉で法律に関する事項を説明できる能力が問われます。

© Copyright Judicial Scrivener Exam. All Rights Reserved.